Executive Summary

Summary
Title Ruby vulnerabilities
Informations
NameUSN-3945-1First vendor Publication2019-04-11
VendorUbuntuLast vendor Modification2019-04-11
Severity (Vendor) N/ARevisionN/A

Security-Database Scoring CVSS v2

Cvss vector :
Cvss Base ScoreN/AAttack RangeN/A
Cvss Impact ScoreN/AAttack ComplexityN/A
Cvss Expoit ScoreN/AAuthenticationN/A
Calculate full CVSS 2.0 Vectors scores

Detail

A security issue affects these releases of Ubuntu and its derivatives:

- Ubuntu 18.10 - Ubuntu 18.04 LTS - Ubuntu 16.04 LTS - Ubuntu 14.04 LTS

Summary:

Several security issues were fixed in Ruby.

Software Description: - ruby2.5: Interpreter of object-oriented scripting language Ruby - ruby2.3: Object-oriented scripting language - ruby1.9.1: Object-oriented scripting language - ruby2.0: Object-oriented scripting language

Details:

It was discovered that Ruby incorrectly handled certain RubyGems. An attacker could possibly use this issue to execute arbitrary commands. (CVE-2019-8320)

It was discovered that Ruby incorrectly handled certain inputs. An attacker could possibly use this issue to execute arbitrary code. (CVE-2019-8321, CVE-2019-8322, CVE-2019-8323, CVE-2019-8324, CVE-2019-8325)

Update instructions:

The problem can be corrected by updating your system to the following package versions:

Ubuntu 18.10: テつ libruby2.5テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ 2.5.1-5ubuntu4.3 テつ ruby2.5テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ 2.5.1-5ubuntu4.3

Ubuntu 18.04 LTS: テつ libruby2.5テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ 2.5.1-1ubuntu1.2 テつ ruby2.5テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ 2.5.1-1ubuntu1.2

Ubuntu 16.04 LTS: テつ libruby2.3テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ 2.3.1-2~16.04.12 テつ ruby2.3テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ 2.3.1-2~16.04.12

Ubuntu 14.04 LTS: テつ libruby1.9.1テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ 1.9.3.484-2ubuntu1.14 テつ libruby2.0テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ 2.0.0.484-1ubuntu2.13 テつ ruby1.9.1テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ 1.9.3.484-2ubuntu1.14 テつ ruby1.9.3テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ 1.9.3.484-2ubuntu1.14 テつ ruby2.0テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ テつ 2.0.0.484-1ubuntu2.13

In general, a standard system update will make all the necessary changes.

References: テつ https://usn.ubuntu.com/usn/usn-3945-1 テつ CVE-2019-8320, CVE-2019-8321, CVE-2019-8322, CVE-2019-8323, テつ CVE-2019-8324, CVE-2019-8325

Package Information: テつ https://launchpad.net/ubuntu/+source/ruby2.5/2.5.1-5ubuntu4.3 テつ https://launchpad.net/ubuntu/+source/ruby2.5/2.5.1-1ubuntu1.2 テつ https://launchpad.net/ubuntu/+source/ruby2.3/2.3.1-2~16.04.12 テつ https://launchpad.net/ubuntu/+source/ruby1.9.1/1.9.3.484-2ubuntu1.14 テつ https://launchpad.net/ubuntu/+source/ruby2.0/2.0.0.484-1ubuntu2.13

Original Source

Url : http://www.ubuntu.com/usn/USN-3945-1

Alert History

If you want to see full details history, please login or register.
0
DateInformations
2019-04-11 17:18:43
  • First insertion